消防団とは



1 消防団と消防本部(消防署)の違いは? 

 「消防組織法」では「市町村はその区域における消防を十分に果たす責任を有する」と規定されており、さらに同法第9条で、市町村の消防機関として 1 消防本部 2 消防署 3 消防団 の全部又は一部を設けなければならないと定められています。
 これらの機関がどのような役割を果たすのか、簡単にご説明しましょう。

1 消防本部・消防署
 
消防事務に従事する専門職員(消防吏員)を擁する常設の消防機関です。
 消防本部は、市町の消防事務を統括する機関で、人事、予算、消防の企画立案等の事務を行います。
 一方消防署は、消防活動の第1線の活動部隊としての役割を果たし、火災、災害及び救急救助活動に出動するとともに、火災予防活動に従事します。

2 消防団
 消防団は、地域の有志の人々によって組織されおり、義勇的、ボランティア的な性格が強い組織ですが、市町村の公的な消防機関であり、消防署と協力して火災、災害及び人命の救助に出動するとともに、火災予防の普及啓発活動等を行います。



2 消防団員の身分と権限  
  
 消防団員は、消防活動への従事を職業とする消防本部(署)の消防職員と違い、平時は農業、自営業、会社員等の職業に従事する一方、火災及び災害発生時、訓練時、災害警戒時等には消防団員として出動する特別職の地方公務員です。

 また、消防団は地域社会に奉仕する団体でありますが、活動においてはすべてが集団で、組織で、チームで事に当たることが求められます。そのため厳正な規律と整った秩序を維持し活動しています。

 一方、消防団員は災害、火災現場において、現場付近の人たちを延焼防止、人命救助等の作業補助に従事させる事ができるなど、災害現場では法律により一定の権限を与えられています。



3 消防団の活動

 消防組織法第1条に「消防は、その施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災または地震等の災害を防除し、及びこれらの災害に因る被害を軽減することを以て、その任務とする」と明示されています。この任務を遂行することが消防団及び消防団員の崇高な使命です。

 このため、消防団員は普段は自分の職業に就きながら、火災はもちろんのこと地震や風水害等の大規模災害時にも災害対応にあたるとともに、台風等の接近時は警戒活動に出動します。

 また、災害時以外には火災の予防や住民に対する防火防災の啓発など幅広い分野で活動しており、地域の消防防災のリーダーとして重要な役割を担っています。
 
  



4 地域に密着した活動

 戦後最大の災害となった阪神・淡路大震災では、多くの消防団員の方々が、自ら被災しているにもかかわらず、地震直後から消火活動や救助・救出活動、住民の避難誘導、救援物資の搬送などの活動に従事しました。このとき、普段はご近所さんとして顔見知りである消防団員の協力の求めに多くの住民が応じて、効果的な消火活動や救助活動が行われました。

 また、近年の豪雨、台風及び地震による災害においても、多くの消防団員が危険個所の警戒巡視、救助活動、住民の避難誘導、土のう積みなどの活動を行うなか、住民からは炊き出しなどによる消防団活動への支援が行われました。

 消防団が日頃から地域に密着した活動を行っている成果と言えます。
 



5 消防団員になるには

 消防団への入団は、個人の自由意志によるものです。入団を希望される方は各市町の消防本部(消防団担当係など)、消防本部がない市町については役場の消防主管課にお問い合わせ下さい。

 近年は過疎化の進行、生活様式の変化等で団員が減少する傾向があります。郷土を守るという心意気ある方の入団を心よりお待ちしております!

 ただし、消防団には定員があるため、事情により団員を募集していない団もあります。あらかじめご了承願います。

   

兵庫県の消防団の概要はこちらです