市川町消防団

市川町消防団

 昭和30年7月25目、川辺村、瀬加村、甘地村、鶴居村の4村の合併によって市川町が誕生し、それに伴い旧4村の消防団が統合され、市川町消防団が発足しました。

 以後、社会構造の変化、常備消防の設置等により何度かの機構改革を重ね、現在分団数26、団員数600名で、住民の尊い生命及び貴重な財産を守るため活動しています。

団 長

北 智裕

分団数

26分団

団員数

600名

装 備

    消防ポンプ車         3台
    小型動力ポンプ付積載車 23台




市川町消防団の主な活動市川町消防団の主な活動

 消防団は日頃職業をもちながら、有事の際に参集して災害から町民の生命・暮らしをまもっています。災害に備えての訓練、消防施設・設備の点検、救命講習などの研修を受け、消防団員としての自覚と誇りを持ち、献身的に日々取組んでいます。また、「地域に根ざした消防団」を目指し、地元行事への参加など地域に密着した活動を行っています。

 


消防出初式

 新春恒例の消防出初式が、川辺小学校にて盛大に執り行われます。式典は、厳粛な雰囲気の中、優良団員の表彰、ポンプ一斉放水と行われ、新年の幕開けにふさわしい式典となりました。

消防出初式 消防出初式


防火パレード

防火パレード 全国火災予防運動の一環として毎年3月と11月に町内全域を対象に防火パレードを行い、地域住民に火災予防思想の一層の普及を図るため、啓発に努めています。
 また、防火パレードの後に消火訓練や長距離ホース延長訓練、防災図上訓練など、多彩な訓練を実施しています。

 

問い合わせ先
   
兵庫県神崎郡市川町西川辺165-3
市川町役場住民税務課
TEL 0790-26-1011
FAX 0790-26-1049
                     


ひょうごの消防団  トップページ